発表者の方へ

A)発表時間 発表時間については,発表6 分,討議4 分,1 演題10 分です。 B)発表データの受付・映写について
  1. ご自身の発表時間15 分前までに発表会場においでいただき,次演者席にてお待ちください。
  2. すべての口述発表は,PC(Windows)での発表(1 面映写)のみとさせていただきます。
    ※スライドプロジェクターやOHP,VTR/DVD デッキ等の準備はいたしておりませんので,ご注意ください。
C)データ作成時の注意点
  1. すべての口述発表は,PC(Windows)での発表(1 面映写)のみとさせていただきます。

  2. < PC 発表形式一覧>
      本体持ち込み メディア持ち込み(USB,CD-R)
    Windows
    Macintosh ×

  3. ノートパソコンから外部モニターに正しく出力されるか確認してください。
    ※個々のパソコンやOS により設定方法が異なりますので,事前にご確認ください。
  4. 会場で使用するPC のOS 及びアプリケーションは下記のとおりです。
    OS:Windows 7,アプリケーション:PowerPoint 2003/2007/2010
  5. 発表データに使用する文字は以下のOS 標準フォントをご使用ください。
    〔日本語〕MS ゴシック・MS P ゴシック・MS 明朝・MS P 明朝
    〔英 語〕 Arial・Arial Black・Arial Narrow・Century・Century Gothic
    Courier・Courier New・Georgia・Times New Roman
  6. 動画や音声をご使用になる場合は,「PC 受付」にて必ずお知らせください。
  7. PowerPoint 上で動画を使用する場合は,Windows Media Player(Ver. 10 以降)で動作する形式にて作成し,PowerPoint にリンクしてください。
    ※動画データは,PowerPoint のデータと共に,同一のフォルダー内に保存の上ご持参ください。
    ※動画再生に不安のある方は,念のためご自身のPC をご持参いただくことをお勧めいたします。
  8. 画面の解像度はXGA(1024 × 768)推奨です。
    ※このサイズより大きいまたは小さい場合,画質の劣化につながります。(会場プロジェクターのリアル解像度がXGA になっていますので,最適な画質が得られます)
(1)発表にご自身のPC 本体を持ち込まれる方へ
  1. ご自身のノートパソコンから外部モニターに正しく出力されるか確認してください。
    ※個々のパソコンやOS により設定方法が異なりますので,事前にご確認ください。
  2. あらかじめスクリーンセーバー,省電力設定を解除してください。
  3. 起動時にパスワード等を設定している場合は,解除しておいてください。
  4. 以下を忘れずにご持参ください。
    ◆ AC アダプター
    ◆外部出力用コネクター
     「PC 受付」ではD-sub15 ピン(ミニ)のケーブルをご用意いたします。
    一部のノートパソコンでは本体付属(別売り)のコネクターが必要な場合がありますので,その場合は必ずお持ちください。
  5. コネクター画像
  6. 試写後,ご発表予定時間の30 分前位(講演中でも可)に会場内左手前方演台付近のPC オペレーター席までお越しの上,スタッフにPC をお渡しください。スタッフが,ケーブルを接続し,外部出力の確認を行います。
  7. ご発表時には,演台にセットされているTFT モニター,マウスをご使用ください。
  8. 発表会場ではデータの修正はできませんので,あらかじめご了承ください。
  9. 講演終了後は速やかにPC オペレーター席にお越しください。お預かりしたパソコンをご返却いたします。
(2)発表にメディア(USB,CD-R)を持ち込まれる方へ
  1. お持込いただけるメディアは以下のとおりです。
    USB フラッシュメモリー/CD-R
    ※CD-R の書き込みはハイブリッド(ISO9660)フォーマットをお使いください。パケットライトなど特殊な機能は読めない原因になりますのでご使用にならないでください。また,CD-R 作成に使用されたパソコン以外で事前のチェックをお願いいたします。
    ※メディアを解したウイルス感染の事例がありますので,ウイルス定義データを最新のものに更新された状態のセキュリティソフトで,メディアにウイルスが感染していないことを確認の上,お持ち込みください。
  2. データの容量は最大512MB までとさせていただきます。
  3. OS はWindows XP 以降,アプリケーションはPower Point 2003 以降に対応しております。
  4. 発表会場ではデータの修正はできませんので,あらかじめご了承ください。
  5. 発表時には,ご発表データの1 枚目をスライドショー状態でスクリーンに映写しますので,ご自身でデータの送り戻しの操作を,演台上のマウスで行ってください。
  6. ご発表データは本学術集会終了後,責任を持って事務局が廃棄します。